-

始めに、自己破産を申し立てるまでの期間は負債者当人に対して電話を使用しての借金徴収と当人の自宅への訪問による回収は法律違反でないと考えられています。

とくに、破産に関する手続きに入ってから申請までに余計な時間がかかったケースでは債権保有人は無作法な回収をしてくる危険が高くなります。

債権人側にとっては債権の払込もすることなく重ねて自己破産などの法律上の手続きもされない状況であれば組織内部での完結処理を実行することができないのです。

また、債権人の一部は専門の人間に助けを求めていないとわかるとなかなかきつい返済請求行為を繰り返す人も存在しています。

司法書士および弁護士の方にアドバイスを求めた場合には、各々の債権保持者は本人に関する直接集金をすることができなくなるのです。

SOSを受諾した司法書士法人もしくは弁護士法人は業務を任されたという意味の書類を各債権者に送付することとなり各権利者がその通達を開封したとき返済者は取り立て屋からの危険な取り立てから解放されるということになります。

なお、業者が会社や故郷へ訪れての取り立ては貸金業法規制法の条項で禁止となっています。

貸金業として登録を済ませている会社であれば勤め先や本籍地へ行く取り立てが貸金業法に抵触するのを知っているので違反であると言ってしまえば、そういった徴集を維持することはないと言えます。

破産に関する申し立ての後は申請人に向かった取り立てを含めて、徴集行為は認められなくなります。

よって債権者による返済請求はきれいさっぱり消えてなくなることでしょう。

けれども、一部にはそのことを知っているのに接触してくる取り立て業者もゼロとはいえません。

貸金業として登録されている業者ならば、破産の申請後の収金が法律のガイドに抵触しているのを把握しているので、違反であると言えば、そういう取り立てを続行することはないと考えられます。

ただブラック金融という俗称の登録外の取立人に限ってはこの限りとはならず強引な返済要求などによる被害者があとを絶たないのが現実です。

取り立て企業の中に存在するときはどういう事情があれ弁護士の人それか司法書士事務所などの専門家に救いを求めるようにした方がいいと考えます。

Category

リンク